Top » News » コラム

« アドバイス | This Category | サービス »

60年代若者が熱中した「VAN」


日本初のブランドといわれる「VAN」の特集記事が繊研新聞に掲載されていた。
20代30代の人達には少しホコリっぽい記事かもしれないが「VAN」の誕生がなければいまのメンズ業界は何かが少し違っていたことは間違いない。 ※写真は78年当時青山3丁目交差点に建つ「VAN」本社ビル(旧ベルコモンズ前)

「繊研新聞」より

60年代初め、東京・銀座のみゆき通りに、マドラスチェックやストライプのボタンダウンシャツに三つボタン段がえりジャケットを着た若い男たちが登場する。アメリカントラッドに影響を受けたファッションで、白やベージュの綿パンツ、色鮮やかなキャンバス靴を合わせるのが定番。「VAN」の洗礼を受けた若者たちだった。その後、ヨーロピアンテイストの「JUN」とともに「みゆき族」と総称され、社会現象となったスタイルだが、大人には受け入れがたかった。地元の商店街やPTA関係者が、「東京五輪(64年)に国内外から大勢のお客様が来られるのに、おかしな格好でたむろされていては失礼だ」と声を上げ、 地元警察に補導を頼んだほど。しかし、VANは若者にはまぶしい憧れとなり、市場を引っぱる初めてのブランドとして確立されていった。米国への憧れ若者は憧れの国、アメリカ をVANに感じ取っていた。石津謙介氏(1911~2005年)のデザインで57年に提唱され、翌年頃から大阪や東京の紳士服専門店、洋品店を中心に広がり、60年以降は全国の百貨店、メンズショップへと販路を急速に拡大する。学生服と開襟シャツ(ポロシャツしか知らなかった若者は、この新しいファッションに飛びついた。64年は東京五輪が開かれ、戦後日本の最も輝く1年となったが、ファッション業界にとっても新時代の始まりと言える年だった。日本初のメンズブランド、VANが大ヒットし、若者がファッションに目覚め、その文化が花開いたからだ。石津氏は戦後、中国・天津から引き上げ、、47年に佐々木営業部(現レナウン)デザイン研究室に入社。51年、石津商店を大阪に設立し、54年ヴァンヂャケットに社名を変更する。55年東京営業所開設、翌年渡米。東部地域のアイビーリーグ校を視察、学生たちに取材し交流した。そして57年に発表したのがVANだ。Vanguard(ヴァンガード=先駆者)から名づけた。60年代は日本でもテレビが普及し始め、アメリカのホームドラマや青春物が身近になっていたころ。アメリカの学生のアイビーファッションを知った若者たちにVANの人気が爆発した。導入に二の足を踏んでいた百貨店にもVANのインショップが次々開店する。石津氏は東京五輪の男女選手団公式ユニフォームのデザインにアイビー調を提案、総監修する。VANのスタイルはビジネスマンのスーツにも影響を与え、その後の「KENT」(ケント)誕生につながる。石津氏は常々、「アイビールックは流行ではなく、伝統的なもので、決して色あせないもの。アメリカでは親、子、孫と普遍的に受け継がれている」と語っていた。ブランドやスタイルが未成熟だった日本のアパレル市場に、VANはファッションという概念を確立させた。同社は拡大路線が裏目に出て78年に倒産したが、ファッション市場は若者が引っ張るという構図の第一歩となった。

「ハロー効果」って聞いたことありますか?

脳科学者の中野信子さんの著書「脳はどこまでコントロールできるか?」にとても興味ある話しが書かれていたので上げてみたい。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

「ハロー効果」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?ハローというのは"こんにちは"の挨拶ではなくてキリスト像や、仏像・菩薩像などの後ろに描かれたり設置されたりしている光背(こうはい)のことですその存在が輝いている様子を表現するための きらきらエフェクト、とでも言いましょうか。

さて、この光背と同じような効果が彫刻や絵画だけではなく実在の人物にもあるのです。 たとえば「ブラジルでサッカーをやっていた」と聞いただけで、その人のことをものすごくサッカーのうまい人なんだと思ってしまいませんか?実際のプレーを見たこともないのに・・また、たとえば、「東大を卒業している」というだけで、その人は頭がいいんだろうと思ってしまったりしませんか実際に話したことすらないのに・・

ただ、強力に見えるこのハロー効果にも賞味期限があります。300人弱の女性のプロフィール(顔写真・自己PR経歴・家族・出身地・年齢)を400人の男性被験者に見せ各女性のパーソナリティについて想像・評価してもらうという実験を行った人がいました。すると、ほとんどすべての男性被験者が顔写真を重視して評価をしたのです。女性が美人の場合「彼女はお人好しだろう」「嘘をつけないタイプだ」と評価する一方で、不美人に対しては「頭はよさそうだがイジワルで計算高いタイプだ」と評価する被験者が多数を占めるという結果になりました・・どうですか?ひどい、と思うでしょうか?

でも、ハロー効果に賞味期限があるせいで一番気の毒なのは実は、美人のほうであるという結果になることもわかっているのです。外見の美しさによる最初のハロー効果として「美しくて知的で性格も良い」とやたらと高い評価を受けてしまうとその後、どんな些細なミスをしても評価が下がり続けることになります。最初の期待が大きいと必要以上に幻滅されてしまうこれを「ロス効果」と言います。一方外見がさほど美しいわけではないために性格も良くはないのだろうと評価された女性に関しては、逆の効果が働きます。どんなに小さなことでも振る舞いの美しさやちょっとした気の遣い方で評価が上がっていくのです。こちらは、「ゲイン効果」と呼ばれています。

期待値が高いときは、少しの失敗やミスでもそれが必要以上に目立って見える、例えば多くの人は、予約の取れない評判のレストランにようやく行くことができたとき些細なミスでもひどくがっかりする。期待値が高ければ高いほどあとは下がっていくだけだからだ一流大学を出た、美人である、という「ハロー効果」が高い人は初めは有利だが、しかし大事なのはそれから後の話。どんなに外見や肩書が立派でも、自分を磨き続けなければ中身はさびついてくる。そして、前評判が高ければ高いほど実態がそうでもないと分かったときとの落差は大きい。凡人には凡人のメリットもある誰からも期待もされていないからこそコツコツと努力をすれば評価は上がる一方だ。日々、自分を高める努力を続ける人でありたいですね。

新年の神宮参拝

先週我が社の恒例行事である明治神宮へのご参拝に行ってきた。残念なことに展示会などで出席出来ない店長もいたがその分もしっかりご祈願させてもらった。こうして毎年の参拝を始めて10年以上になるが一度も雨や雪にさらされたことはなく、いつも素晴らしい天気に恵まれている。とても有り難いことだ。
今年もスタッフ達が笑顔を絶やすことなく健康で頑張っていける一年にしていきたいと思う。

新年の神宮参拝

新年のご祈願をいただきに今年も明治神宮にいってきました。
このご参拝は弊社の毎年の大切な行事で、全店舗の繁栄を祈願して店長達と共に参ります。
毎年のことながら朝の神宮の杜を歩いていると今年もここに来れた喜びと感謝の気持ちで一杯になります。
今年14年も、ありがとうの感謝の気持ちを忘れず皆んな良い一年にしていきましょう!

『忙しい人』と『仕事ができる人』の違い

1、『忙しい人』は、「忙しい」と周りに言えば、「カッコイイ、頑張っている」と他人が評価してくれると思っている。
『仕事ができる人』は、「忙しい」と周りにに言うことは、「無能の証明」だと思っている。

2、『忙しい人』は、終了時間への認識が甘い。(なんとなく終わったらいいな~的な)
『仕事ができる人』は、絶対にここまでに終わらせるというスケジュール意識が強い。

3、『忙しい人』は、納期意識がギリギリ。(納期寸前で作業にとりかかるので、その仕事のみに集中してしまう為に効率が悪い。)
『仕事ができる人』は、前倒し。(納期より随分前から作業に取りかかるので、2つ以上の仕事を同時並行処理したりする効率の良い仕事の仕方ができる。)

4、『忙しい人』は、せっかくスケジュールを作っても、緊急事態・トラブルで乱れっぱなし。
『仕事ができる人』は、緊急事態・トラブルでスケジュールが乱される事がほとんどない。

5、『忙しい人』は、いきなり仕事にとりかかり、仕事完了に近くなった時点で「仕事の目的と最終完成物」を考える。
『仕事ができる人』は、仕事の始めに「仕事の目的と最終完成物」を明確にして仕事にとりかかる。

6、『忙しい人』は、「プライベートの時間を、とれたらいいな」的にしか考えていない。
『仕事ができる人』は、「プライベートの時間は絶対にとる」と最優先的に考え、その時間をホントに大切にする。

7、『忙しい人』は、相手の期待よりちょっと低い仕事を行い、手直しで時間をとられる。その為に誉められる事も少なく、モチベーションも上がらない。
『仕事ができる人』は、相手の期待を少し上回る形の仕事を行うので、手直しがほとんどない。そのためお客様や上司から誉められる事も多く、モチベーションもアップしていく。

8、『忙しい人』は、ホントはやらなくてよい仕事をたくさん抱えている。断るという事が苦手
『仕事ができる人』は、自分しかできない仕事が中心。頼まれた仕事を断る事ができる

9、『忙しい人』は、仕事にとりかかって、段取りを考える
『仕事ができる人』は、段取りを考えて、仕事にとりかかる

10、『忙しい人』は、段取りを考える時間を短時間で済まそうとする。
『仕事ができる人』は、段取りを考える時間を十二分にとる

11、『忙しい人』は、根回しがヘタ。仕事が完成した後に、関係者から異議がでて、トラブルシューティングに奔走する
『仕事ができる人』は、根回し上手。仕事を始める前に、重要な関係者をリストアップし、根回しを完了させる。仕事完了後に関係者からの異論はほとんど出ない。

12、『忙しい人』の優先順位は、納期期限が中心。納期が迫っているモノが優先順位が高い仕事になっている
『仕事ができる人』の優先順位は、仕事の効率とその仕事の目標への寄与・貢献度。

13、『忙しい人』は、集中できる環境を作る事ができない。電話や誰かが話しかけてきて作業の邪魔をする為に、同じ事を何度も考えないといけない。
『仕事ができる人』は集中できる環境を作る事ができる。誰も思考や作業を邪魔しない環境を作る事ができる。

14、『忙しい人』は、携帯電話にかける数より、かかってくる本数が多い。
『仕事ができる人』は、携帯電話にかける数の方が多い。携帯電話にかかってきて仕事を中断させられる事態を、先手を打つ事で防いでいる。

15、『忙しい人』は、自分が他人に頼んだ事を忘れている。頼んだ相手も、頼まれた仕事を忘れており、それがトラブルを生み出す。
『仕事ができる人』は、自分が他人に頼んだ仕事は決して忘れない。時折、チェックも入れるので、相手も忘れることができない。

16、『忙しい人』は、他人に事を頼むのがヘタ。依頼する際の打合せがヘタな為に、完成物を自分で手直しするのに時間がとられる。(人に頼まずに、自分でやった方が速いといった事になる)
『仕事ができる人』は、他人に事を頼むのが上手。依頼する際の打合せで詳細にイメージ合わせをする為に、完成物の手直しなどがほとんど発生しない。

17、『忙しい人』は、学習する時間をとれていない。いつまでも同じやり方で仕事をしている。
『仕事ができる人』は、どんなに忙しい時でも学習時間の確保を行っている。学んだ知識をもとに、もっと効率的な仕事のやり方を求めて、いつもチャレンジをしている

18、『忙しい人』は、同じような仕事でも、イチイチ考えながら仕事をしている。
『仕事ができる人』は、同じような仕事が発生したら、考える事なく、仕事ができる仕組みを作り上げている。

19、『忙しい人』は、運動などにも時間がとれなかったり、睡眠不足で仕事をしてしまう。時には徹夜も。そのため体調不良をおこしたり、身体に無理して仕事をしてしまう。それが原因のミスも生まれたりしてしまう。体調によりモチベーションも不安定になる。
『仕事ができる人』は、適切な運動を定期的に行い、十分な睡眠をとり仕事を行う。体調不良によるミス、集中力欠如によるミスは少なく、常に安定したモチベーションを維持している。

20、『忙しい人』は、「忙しい状態」を甘んじて受け入れてしまっている。
『仕事ができる人』は、「忙しい状態」事は絶対にイヤ。受け入れる事ができないと思っている。

作者: 小林英二

新年の明治神宮参拝


毎年恒例の明治神宮へ新年の参拝にいってきました。
私達が境内に向かう頃は昨夜までの雨空がうそのように雲一つない好天に。 過去を振り返ってもご参拝の日は必ず晴れ空なのです。 この天候のように今年も一年最良の年となるよう頑張っていきましょう!

年末年始の営業

恵比寿本社の年末年始の営業は本日28日まで、新年は4日より仕事始めとなります。
皆さん今年も一年お世話になりました。どうぞ良い年をお迎えください。

ご結婚おめでとうございます!

先日、弊社渋谷ヒカリエ「Soffitto」店長熊川の結婚式がおこなわれた。

当日は朝からあいにくの雨模様だったが、お式が始まると同時にピタッと雨が上がり空模様もこの祝いの日を祝してくれているのだろうなと少し嬉しき気持ちにさせられた。
お式では新婦入場の時、ウェディング姿の新婦を見て会場全体が一瞬にして高揚したのがとても印象的だった。 そして新郎の拓哉さんはとっても Nice Guy で、年齢のわりに落ち着いていてしっかりとした男性だなと安心をした。

披露宴では新郎の友人達がとても陽気な人達で、また弊社塚本のサプライズスピーチなどもあり一層楽しい披露宴となった。
そして最後の新郎のお父様からのスピーチがとても暖かく素晴らしいお言葉で、おもわず目頭が熱くなってしまった。

熊川さん、どうぞ末永くお幸せにそして暖かいご家庭を築いていってください。